So-net無料ブログ作成
インド映画 ブログトップ
前の5件 | -

盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲 [インド映画]

インド大使館で「盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲」を観てきました。


ポスター画像 


公式映画サイト:http://m-melody.jp/



盲目のピアニスト。実は盲目を装っているだけで本当は目が見える。夜にはバーでピアノを弾き、恋人らしき人もできる。そんなとき、盲目を装う彼が、大スターに演奏依頼を受け、豪邸に出向くがそこでは大スターの妻と浮気相手の警察署長が大スターを殺していた。本当のことをいいたい彼。でも盲目でないことがバレてしまうのでそうそう言えず。正直に言おうと警察に出向いてもやはり言えず。そのうち大スターの妻が本当に盲目なのかを疑い彼の家までやってきて、お菓子を差し出す。その毒入りスイーツを口にしたピアニストは苦しみ、意識を失っている間に本当に目が見えなくなってしまい、大慌て。その後さらに警察署長からも命を狙われるも、運よく病院に運ばれる。しかしそこで待っていたのは臓器移植で金儲けをする怪しい医者と仲間たち。視力を失ったのに、更に臓器を知らないうちに取られてしまいそうになるピアニスト。しかし何とかそれを免れ、怪しい医師と仲間たちと手を組んで大スターの妻を誘拐して警察署長宅にスキャンダルをばらさないことを条件に大金を要求する。一体誰が味方で敵か?混乱に次ぐ混乱…。


ストーリー展開が良かったし、見ごたえある映画でした。うまくできていて申し分ない映画。ただ、コメディなのでクスクス笑えますが、途中ピアニストが目が見えないのをいいことに悪徳医師が肝臓2つを知らない間に手術して取ってしまおうとしてる場面が全然笑えなくて、とっても恐ろしく感じました。手術は中止になって話の流れが変な方向にいかなかったのが救いでしたが、その衝撃が大きすぎて、その後あんまり私自身は笑えなくなってしまいました。


タッチは軽めで音楽も心地よく、最後にはニヤリとさせる場面もあり、ロッテントマトの満足度が100パーセントという驚異的数字を叩き出しているのです。今まで他の映画でロッテントマトの満足度100パーセントの映画ってあるのだろうか!?と思います。2018年のインド映画界でたくさんの賞をさらって、「インドのコーエン兄弟だ」「毎秒ごとに予想を裏切られる」という声が上がっているとのこと。

コーエン兄弟の映画って一体どんな映画なのか!?私は観たことがあるのか!?と調べたら、「ディーボース・ショウ」「ブリッジ・オヴ・スパイ」「モネ・ゲーム」を観たことがありました。でもドタバタのコメディでありながらスリリングで不気味。犯罪、誘拐など扱っている映画が多いとのことで「ノーカントリー」や「ファーゴ」などの本家本元のコーエン兄弟の代表作も観てみたいと思いました。


インド映画とはいってもインド映画にあまり思えないインド映画でした。最近のインド映画同様、踊りは全くなくて(音楽はふんだんに入ってます)、インド映画はこれからも音楽はあっても踊りはないのかなあとちょっと寂しい感じもしますが、ハリウッド映画と遜色なく、それくらいすごく良い出来で素晴らしかったです。


今年はお蔭さまでたくさんのインド映画を観ることができ、とっても嬉しいです。またこんなにたくさんのインド映画が日本に入ってくるというのも本当にいい時代になったなあと思いました(以前にも書いたけれど…)インド映画、今後も観ていきたいです。

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ヒンディー・ミディアム [インド映画]

インド大使館でインド映画「ヒンディー・ミディアム」を観てきました。


5月から立て続けに3本、インド映画を観ましたがすごい時代になったもんだと(こんなにインド映画が公開されるなんて!!)夢のようです。


ポスター画像 



映画公式サイト:http://hindi-medium.jp/



今回は、映画の後にインド大使館にメチャクチャ近いインドレストラン・ムンバイが出張で来て、サモサとマンゴラッシーを振る舞うおまけもついていました。クミンの味が効いたサモサが懐かしく、マンゴラッシーも激ウマでした。でもサモサは現地インドでいつも食べていたサモサよりもとっても上品で油もいいものを使ってる感じで、ギトギト、パリパリ感が全然なく、何だか高級な感じに思えてしましました。


さて「ヒンディー・ミディアム」ですが、このタイトルの意味することはヒンディ語で授業を行う公立校のこと。映画では、英語で授業をする「イングリッシュ・ミディアム」という私立校に自分の子供を入れさせたい親の悪戦苦闘ぶりが描かれています。英語を話すことは将来の出世に関わると、子供を英語を使う私立校に入学させたいのです。


デリーの下町で洋品店を営むラージ(イルファーン・カーン)とその妻ミータ(サバ―・カマル)は愛する我が子のために高級住宅街に引っ越しをし、親子でお受験の用意をし受験するのですが、ことごとく落ちてしまいます。どうしたものかと思っているときに低所得層のための優先枠があると知ります。そして住所、年収を偽ってその枠を利用することにするのです。ところがその枠に富裕層までが偽って入学しているとの噂が大きくなり学校側がその枠で応募した家庭訪問をすると発表。慌てた親子はスラム街へと引っ越し、家庭訪問も何とかクリア。そして念願の私立校に我が子を入学させることができ、また高級住宅街へ舞い戻るのです。


しかしスラム街で仲の良くなった本当に貧しい親子もまた同じように受験しながら最後の抽選で落ちてしまい、ラージとミータは低所得層の枠を奪った呵責から公立校の寄付をし始めます。そこにスラム街で仲の良かった親が現れ、ラージたちが本当は金持ちでそのために自分の子供の将来を奪われたと知ってしまうのです。そして…。


最後は人として立派な行動に出たラージ。インド映画はこうでなくちゃね。正しいことは正しくすべき。最後、気分はすっきりしました。


映画の中で、真ん丸の黄色いお菓子が出てきた時には懐かしく(激甘。ねっとりして蜜につけてある感じ。たぶんインドの伝統菓子で、私も食べたよなあと思い出しました。他のお菓子もいろいろ食べたけどどれも激甘)、スラム街でミーナがサンダルで牛のふんを踏んで叫んでいましたが、それもメチャクチャ懐かしく(私もよくサンダルで歩いていて聖なる牛のふんを踏んでました。お店にかかってる美しいサリーなんかに見とれながら歩いていると、全然下に目が行かず。でもふんを踏むのが日常茶飯だったので、ふんを踏んじゃっても運がついたと思ってラッキーと笑って旅行してました)、また「カリーナみたいにスタイルが良くて…」みたいなセリフはカリーナ・カプールのことだなあと思い出しました。今もカリーナ・カプールは活躍しているのでしょうか?そしてリンガ(男性根)にお祈りしたり、リキシャーだったり、サリーの華やかさだったり、ハヌマンを猿神と訳して字幕に載っていたり…。いろんなことがインドを思い出させてくれて楽しい時間でした。またいつかインドに行きたいです。


nice!(10)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

シークレット・スーパースター [インド映画]

インド大使館で、インド映画「シークレット・スーパースター」を観てきました。

(インド大使館に行くのは18年ぶりでした。何度もインドに行っていた時期がありビザをよく取りに行ってたので、懐かしかったです)






公式映画サイト:http://secret-superstar.com/


アーミル・カーン製作、主演の最新作品。


「ダンカル、きっとつよくなる」で親子を演じた父役のアーミル・カーンは、今回は落ち目の音楽プロデューサー役に、そして娘役だったザイラー・ワシーム メヘル・ヴィシュは歌手を夢見る高校生役。彼女は、母親に暴力を振るうとんでもないDVの父親を持ち、そのために家の中はいつも父のご機嫌を伺っている感じです。娘のためなら何でもしようと応援してくれる優しい母親は隠れてパソコンを娘に買い、娘は父に音楽を反対されているので顔を隠し自分の歌を披露するYoutuberに。そしてあれよあれよと話題の人となっていくのです…。


シャー・ルク・カーンやアミターブ・バッチャンの名前が出てきたり、グラミー賞ならぬグラマー賞というのが出てきて、いろんなところでクスッと笑ってしまいました。

胡散臭い役のアーミル・カーンも良かったし、主役の高校生役のザイラーちゃんも良かったです。


この映画は、家庭内暴力を振るわれても経済的理由からなかなか離婚に踏み切ることができない女性のこと、そしてその子供、娘は特に親のいいなりのしたくもない結婚を強制的にさせられ、夢は諦めて当然の世界を見せつけます。かつての日本も相当ひどい男尊女卑の世界で、今もまだジェンダーギャップがある国として世界で110位の不名誉な国でもありますが、インドでもまだまだひどい状態があります。映画では運よく女の子は歌手への切符を手に入れ、母親も父との離婚を決意して新たな人生を歩むハッピーエンドで終わりましたが、現実世界ではジェンダーの問題は山積みで、不幸な女性たちがたくさんいるのだと思います。

女子高校生の夢実現物語の一面、社会派映画の一面もしっかり持ち合わせ、考えさせられた映画でもありました。


私はあまり泣けなかったけれど、一緒に行った友人は泣き周りでも泣いている人たちがいました。歌と踊りのボリウッド映画は、歌はたくさん挿入されてますが、今やほとんど踊りがない映画になってしまいちょっと寂しい限りです。最後にアーミル・カーンが女性たちと一緒に歌って踊ってますが、これがなきゃボリウッド映画じゃない。でももっと劇中にもっと華やかに歌って踊ってのシーンが欲しかったなあと思うのでした。





nice!(11)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

パドマーワト 女神の誕生 [インド映画]

ニッショーホールでインド映画「パドマーワト 女神の誕生」を観てきました。


映画公式サイト:http://padmaavat.jp/




「500年の時を超え、インド映画史上最高の製作費で描く、究極の映像美」というのがキャッチコピー。久々のインド映画に期待も大きく、楽しみにして観に行きました。


野望に生きるスルタン、アラーウッディーン(ランビール・シン)彼は義理の父だか伯父だかを殺し卑劣な手段を使ってでもすべてを手に入れようとし、メーワール王国の王妃パドマーワト(ビーティカー・パードゥコーン)が絶世の美女だと噂を聞くと一目見たさにメーワール王国に兵を派遣します。しかしそれが叶わないとなると戦争をし始めるのです。いろんな駆け引きがあり、メーワール国王で義を重んじるラタン・シン(シャーヒド・カプール)がさらわれると王妃パドマーワトは自ら敵地へと乗り込み、国王を救おうとするのですが…。


思っていたほどの歌と踊りがなく、最近のインド映画は昔と比べると歌と踊りが少なくなっているのだなあと思いました。去年観たアーミル・カーン主演の「ダンガル きっと、つよくなる」でも感じたことですが。

また、映像は勿論美しかったのですが、戦争映画でもあるので、色が黒や灰色、赤、くすんだ赤など、ちょっとくすぶった感じで、押さえた統一感ある色使いでした。私としてはインド女性が着るサリーのカラフルな色合いを想像していったので、全く違った感じにびっくりしました。


戦争映画であり、昔の王国の物語であり、壮大なスケールということでは、「ナルニア国物語」やら「ロード・オブ・リング」、「300(スリーハンドレッド)」、「タイタンの戦い」、「蒼き狼~地果て海尽きるまで」、「レッド・クリフ」「千年医師物語~ペルシャの彼方へ」などいろいろな映画を次々に思い出しました。こういった戦争もので壮大なスケールで描かれているものは洋の東西を問わず何だか同じに見えるなあと思いました。


もちろん豪華絢爛。お金がかかっていることは間違いなく、大変目を楽しませてくれました。また正義対悪の戦いではありましたが、最後に現世で正義が勝つのではなく、その名前、誉だけが後世に残るという筋書きで、城に残された女たちが敵がやってくる前に火の中に飛び込み殉死する様子も、日本の戦国時代同様変わらないのだなあと思いました。


「ミモラ~心のままに」と同じ監督・脚本だと知っていたのでとっても期待してみましたが、「ミモラ~」のほうはイタリアロケで恋愛もの。カラフルな色彩でスタイリッシュな現代もの。それに対して「パドマーワト」は時代もの。戦争もの。色が黒や灰色、赤、くすんだ赤という感じだったので大きく違ったのがちょっと衝撃的でした。また主役パドマーワト役を演じたビーティカー・パードゥコーンは「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」でシャールク・カーンの相手役を演じた女優さんでした。後から調べてみてびっくり。そういえば同じ顔かもと思いました。そしてもっと驚いたのが、この映画の悪役スルタンのアラーウッディーンを演じたランビール・シンと彼女は私生活で2018年に結婚しており、夫婦でこの映画に共演していたんですね。


個人的にはもうちょっとお茶らけた、笑いのある、少しクオリティに問題のあるような!?いつもの!?インド映画のほうが、何だかインドらしくて、安心して観ていられるなあと思いました。


「パドマーワト」はどこにも非がなくて、むしろ完璧すぎてインド映画もここまでクオリティが高くなって世界のどこに出しても恥ずかしくないじゃん!と思いました。素晴らしすぎの映画でした。



nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ダンガル きっと、つよくなる [インド映画]

インド映画「ダンガル きっと、つよくなる」をよみうりホールで観てきました。




映画公式サイト:http://gaga.ne.jp/dangal/


アーミル・カーン主演の映画。本国インドほか、世界でも大ヒットを飛ばしている実話を元に描かれたレスリング映画。レスリング一直線の熱血パパが二人の実の娘にコモンウェルスゲーム(かつての英国植民地の国々で今もなお4年に一度集まって行うスポーツの祭典=オリンピックみたいなもの)で金メダルを獲らせたいためにハッスルする物語。


結構うまくまとまっていました。音楽は色々映画の中でかかっていましたが、インド映画にあるお決まりの踊りは影を潜め、そうい意味ではインド映画らしくないインド映画でした。勿論、舞台はインドだし、インド人のオールスターキャストなので、インド色一色で観ていて楽しかったのですが、カラフルなサリーを着て、バンバン踊るようなインド映画ではなかったです。その点がちょっと期待はずれだったので残念でした。


アーミル・カーンはこの役のために体重を増やしたらしく、確かにとっても貫禄あり、ちょっと別人の様に見えました。何だか見ていて、ビリー・ジョエルに見えてくるから不思議。インド人は基本的に色を白くしたら白人、って誰かが言っていたけど本当にそうですね。目が大きくて彫が深くて。しかしこの映画がもっとコミカルな映画かと思っていましたが見事裏切られ結構正統派の映画でした。ちょっとうまくまとまりすぎてハリウッド映画を意識してるのだろうか。娘に自分の夢を託す父と、その夢を叶えようとする娘たち。ちょっとした感動映画になっていて悪くはないけれど、でも私はアーミル・カーンの映画なら「きっと、うまくいく」のほうが、好きだなと思いました。


nice!(11)  コメント(1) 
共通テーマ:映画
前の5件 | - インド映画 ブログトップ