SSブログ
前の5件 | -

ダージリン急行 [芸術性の高い映画]

アメリカ映画「ダージリン急行」(The Darjeeling Limited)を観ました。

ダージリン急行 [Blu-ray]

ダージリン急行 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日: 2018/08/17
  • メディア: Blu-ray

2007年の作品。IMDb評価は7・2。ウェス・アンダーソン監督。インドを舞台に三兄弟が繰り広げる珍道中。ウェス・アンダーソン監督らしい雰囲気、色彩、装飾。ダージリンに行ったことがあるけれど、こんな内装の可愛い列車だったら(ゾウの絵がたくさん描かれている)本当に楽しいだろうなあと思いました。

父の葬式後、長男フランシス(オーウェン・ウィルソン)の呼びかけで三兄弟でインド旅行をすることに。長男は事故で包帯を巻きながらの参加。次男ピーター(エイドリアン・ブロディ)は妊娠している妻との離婚を考え、三男ジャック(ジェイソン・シュワルツマン)は別れた彼女を忘れられないでいる。寺を廻ったりしながら、三兄弟は尼僧になっている母を訪ねることに…。

ジャックが乗務員の女性と関係を持ったり、ヘビ騒動や路線間違いやら…。その後兄弟がペッパースプレーを使って喧嘩して列車を下ろされたりと、散々な旅。川を渡ろうとする地元の子供たちが流されるのに出くわし、彼らを救出するも一人の男の子が亡くなり、葬式にも参加。そして母に会いに行くと母は翌朝いなくなっていた…。

三兄弟が持っているボストンバッグ、アタッシュケース、ショルダーバッグ、そしてベルトがお揃いの絵~キリン、サイ、アンテロープ、ヤシの木の絵が入ったもので可愛らしかった(マーク・ジェイコブスが作ったものらしい)。売っていたら欲しくなるくらい可愛いかった。インドが舞台なので煌びやかで色彩豊かな色があちこちに使われていて(インドの民家の青い壁も素敵な色だった)、自分のかつてしたインドの旅を思い出しました。列車内の3ベッドになっている作りとか、途中止まる何もない田舎の駅、ローカルバスやオートリキシャー、女性の美しいサリーの色や寺の感じなんかも懐かしかった。ゾウの装飾含めて列車内自体がきっとこの映画仕様なのでしょうが、こんな列車を本当に走らせたらもっと人気出るだろうなあと思いました。映画の中で砂漠のようなところが出てきて、どうもダージリンに本当に向かっているのか疑問だったので調べてみたら、ロケ地はラジャスタン地方でジョドプールからジャイサルメールの間らしく、なるほどと思いました。ラジャスタン地方はピンクシティのジャイプール(日本びいきの現地人に出会い、滞在中食事をご馳走になってました。街中も案内してもらった)、湖があってインドのお金持ちたちがたくさん遊びに来てたウダイプール、もろ避暑地のマウントアブに行ったことがあり(先日北海道旅行した友人と一緒。この旅行で知り合った仲)、暑い4月の時期だったので砂漠のあるジャイサルメールは敢えて避けて行かなかったことを思い出していました。ブルーシティのジョドプールはインドを廻っていた時、この町の名前すら知らなかった。いつか行きたいです。涼しい時期に。

この映画観て、インドを思い出しインドにまたも行きたくなった。インドが舞台というだけで私の中では評価高め。ストーリー展開が今一つであっても、小物類も可愛いし、色彩が好きなので。naonaoお勧め度★★★★★

nice!(11)  コメント(0) 

アップロード~デジタルなあの世にようこそ~ [アメリカドラマ]

アメリカドラマ「アップロード~デジタルなあの世にようこそ~」(Upload)を観ました。

アップロードへようこそ

アップロードへようこそ

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Prime Video
(Amazonで配信中)

2020年の作品。IMDb評価は7・9。SFコメディ。2033年の未来では死後、普通に死ぬとお金次第で仮想空間でアップロードして豪華なホテルに住むことができる選択ができるようになっていた…。あの世までデジタル世界に、しかもお金次第の世界になっている!シーズン1とシーズン2を観ました(1話30分程度で全18話)。面白かったです。所々笑わせてもらいました。

ネイサン(ロビー・アメル)は20代の若さで自動運転の事故で亡くなり、お金持ちの恋人イングリッド(アレグラ・エドワーズ)がすべてネイサンの死後のアップロードにまでお金を払ってくれるお陰で彼は豪華なレイクビューホテルで生活できています。しかし彼には欠損している記憶があり、エンジェルと言われる彼の世話係ノラ(アンディー・アロー)とのやりとりを繰り返すうちに次第に二人は恋仲に。イングリッドと別れ贅沢三昧のレイクビューから一か月2ギガしか使えない何もない部屋に移ろうとするネイサン。そしてネイサンの欠損した記憶の謎を追ううち現実世界に生きるノラにまで危害が及ぶように…。そこまでがシーズン1。そしてシーズン2では本当は死んでいないのに死んだと思わせ、VRゴーグルやスーツを使いイングリッドはネイサンのそばで生活をするようになり、イングリッドは秘密裡に現実世界でネイサンと結婚したいがためにネイサンの肉体を作っている最中で、近くにいるネイサンにはサイバーベイビーが欲しいというがネイサンはまるで乗る気でない。ノラは一時身を伏せアップロードに反対する共同体に身を置くが、再度会社に戻りネイサンの死の追求をする。億万長者のチョークがネイサンを殺したことがわかり、無料のアップロード事業者フリーヨンドとチョークの関係を知るためノラとネイサンは現実社会でニューヨークツアーに出かける。そして貧しい人々がアップロードされ選挙権が奪われている疑いを持つ。そして最後ネイサンもダウンロードして意識を取り戻し、現実世界にやって来るが…。

あの世にはVRゴーグルで簡単にこの世から行くことができ、あの世とこの世の世界の敷居が低い。またあの世もお金次第で豪華なホテルに住み何不自由なくこの世と同じような生活をすることもできる。別の言い方をすればどこまでもお金がついてきて、貧富の差が永遠続く。アップロードしてもお金を払わなければ貧しいあの世の世界が待ち構えている。あの世とこの世の人の恋愛というのも面白かった。最後はネイサンに恋心を抱いている新人のエンジェルが、アップロードの世界にネイサンがいないことに気づき、バックアップからネイサンをレイクビューに戻すキーを押し、現実世界で意識が戻ったネイサンの鼻から血が出たシーンで終わりました。せっかく現実世界でノラとネイサンが一緒になれたのに、ネイサンはまたアップロードされレイクビューに戻ってしまったのかな。シーズン3が作られたらまた観たいです。naonaoお勧め度★★★★★


nice!(14)  コメント(1) 

三蔵法師 玄奘の旅路 [中国映画]

中国映画「三蔵法師 玄奘の旅路」(Xuan Zang)を観ました。

三蔵法師・玄奘の旅路

三蔵法師・玄奘の旅路

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2020/07/29
  • メディア: Prime Video
(アマゾンで配信中です)

2016年の作品。IMDb評価は 6.1。玄奘の半生を描く。美しい大自然の映像、特に砂漠、山河、草原など大パノラマで雄大な自然が良かったです。個人的には長安(西安)やナーランダー、ブッダガヤ、エローラ・アジャンターなど行ったことのある場所が懐かしく、最初のバックパッカーと言われている玄奘にはかつてバックパッカーだった私にはとっても親しみがありました。

西域に行ってはいけない時代、玄奘は長安(西安)から天竺(インド)を目指します。行く先々の困難も何のその、631年8月31歳で旅立ち4年の歳月をかけやっとナーランダーにたどり着き、そこで腰を落ち着けて5年間かけて経典を学び、その後インド各地を巡り、645年45歳で長安に戻ります。14年の月日が流れていました。中国に戻るとお経をサンスクリット語から中国語に翻訳することに精を出します。そして664年64歳で生涯を終えます。25000キロの旅、当時は110の国を廻ったことになるとか。すごいです。

玄奘のお経は今も西安の大雁塔に収められていて、街のシンボル的存在です。当時街で会った現地の大学生の女の子に町中を案内してもらったことをなども思い出しました。ブッダガヤで会ったインドネシアの家族と車をシェアしナーランダーに行ったことやナーランダーで会ったタイ人の彼と親しくなり、その後タイに行ったとき何度も彼のところに寄り、ブッタのお祭りや水かけ祭りを一緒に祝ったり、彼のお姉さんの家に泊まらせてもらったりしたことも。あんなに気楽に旅行出来た時代が今考えると夢のようです。

私はチベットに入ったのでシルクロードには行けなかったのですが、シルクロードにいつかまた行きたいです。映画では、シルクロードを思わせるぶどうやら踊りやら民族衣装やらが映りとても魅力的でした。旅行に自由に行けない今観るのにはとってもいい映画です。naonaoお勧め度★★★★★

nice!(14)  コメント(1) 

尚衣院ーサンイウォンー [韓国映画]

韓国ドラマ「尚衣院ーサンイウォンー」(The Royal Tailor)を観ました。

尚衣院-サンイウォン- デラックス版 [DVD]

尚衣院-サンイウォン- デラックス版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2016/04/29
  • メディア: DVD

2015年の作品。IMDb評価は7.0。朝鮮王室の衣装を縫うお針子を抱える尚衣院ーサンイウォンを中心に描く時代劇。ハン・ソッキュさん、パク・シネちゃん、ユ・ヨンソクさん、マ・ドンソクさん、イ・ユピちゃんと顔馴染みの俳優さんたちがたくさん出ているので観ました。衣装が素敵で(特に王妃の衣装)目の保養でした。

幼い時に宮廷に召し抱えられたドルソク(ハン・ソッキュ)はお針子として育てられ、いつしかお針子を抱える尚衣院ーサンイウォンのトップに。そして両班の地位を王から授けられようとしていた矢先、王妃(パク・シネ)お抱えのお針子たちが誤って王(ユ・ヨンソク)の礼服を燃やしてしまう。困った王妃はゴンジン(コ・ス)の噂を聞き、至急王の礼服を作ってもらうことにする。そこからゴンジンの抜群のセンスでたちまち宮廷では彼の衣装が大人気に。そのうちドルソクはゴンシンを妬むようになっていく…。

王から疎まれていた王妃でしたが、ゴンシンの素晴らしい衣装を着た王妃に見惚れる王。王妃の元を訪れますが、そこには既にゴンシンがいて、以前好きな女性に渡せばよいと授けた髪飾りが王妃の元にあったため、それを見てまたも王の心は王妃から離れます。ゴンシンが王妃に心を寄せていたのを察知してのことです…。

イ・ユピちゃん、可愛らしかったけれど王妃に嫉妬メラメラの側室役でした。主役のハン・ソッキュさん、短い尺の映画の中では少しその嫉妬心がうまく表現されていなかったような…。マ・ドンソクさんはいつもの笑いを提供してくれ、ユ・ヨンソクさんの王様は可もなく不可もなく…。パク・シネちゃんの王妃様は若いのに貫禄ありました。コ・スさん初めて観ましたが、自由人のお針子で彼が主役のようでした。打ち首にされ、ドルソクの嫉妬に殺されたのに彼のために衣装を作っている役でした。

宮廷のお針子さんたちにスポット当てたのは目新しかったけれど、今一つ何かが足りなかった。naonaoお勧め度★★★

nice!(12)  コメント(1) 

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ [イギリス映画]

イギリス映画「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」(No Time To Die)を観ました。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ ブルーレイ+DVD (ボーナスブルーレイ付) [Blu-ray]

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ ブルーレイ+DVD (ボーナスブルーレイ付) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • 発売日: 2022/03/02
  • メディア: Blu-ray

2021年の作品。IMDb評価は7・3。ダニエル・クレイグ主演のボンド役としては5作目で最後のボンド。彼の1作目「007/カジノ・ロワイヤル」を観てからもう16年も経つなんて信じられません。相変わらずのアクションとスピード感、ハラハラドキドキでした。

イタリアでボンド(ダニエル・クレイグ)とマドレーヌ(レア・セドゥ)は一緒にいたが、彼女が裏切って自分の居場所を敵に知らせていると思ったボンドは彼女と別れる。その5年後リタイアしてジャマイカにいたボンドに呼び出しがかかり、キューバ、そしてイギリス・ロンドン、日本とロシア両国が領土を主張する島へと向かうのでした…。

「カジノ・ロワイヤル」を観て、なか3作は全く抜けてるので、Mがジュディ・デンチでなくなり、Qという兵器開発者役に「パフューム」「未来を花束にして」のベン・ウィショー、別れた彼女役が「アデル、ブルーは熱い色」のレア・セドゥ、悪役サフィン役に「ボヘミアン・ラプソディー」のラミ・マレックが出演しているのにびっくりしました。豪華な顔ぶれ。そしてボンドガールはキューバ出身のアナ・デ・アルマスというキュートな女の子でした。初めのつかみはいきなりボンドが襲われハラハラドキドキ。でも途中ちょっと中だるみが。それでも面白かったです。ボンドは体の中に毒が入り感染したことで、もう愛する人にも触れることができなくなります。そして毒を作る兵器工場のある島を丸ごと無くすために最後はその島を脱出できずミサイルが飛んできて、そのままボンドも亡くなる最後でした。そして別れた彼女はボンドの子供を産んでいて、ボンドにとってはそれが慰めだったかな。ダニエル・クレイグが演じたボンドはスピード感があり本当に素晴らしかった。長きにわたるボンド役、お疲れ様といいたい。naonaoお勧め度★★★★★

nice!(15)  コメント(1) 
前の5件 | -