So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

小さな家のローラ、森のプレゼント、大草原の小さな家~ローラのふるさとを訪ねて [本]

今期はいろんなドラマを鑑賞してました。


「偽装不倫」~宮沢賢治の銀河鉄道の夜に出てくるジョバンニとカンパネラが丈と鐘子(鐘はイタリア語でカンパネラ)と名前まで似ているというロマンチックな逸話も盛り込み、ラブコメだったので楽しく見ました。ただ鐘子が既婚者でなく独身だと本当のことを言うまでちょっと長かったかな。見るのを止めちゃおうかと思った時もあったけど、おねいさん夫婦のごたごたが激しくなる中盤以降、ドラマも面白くなってきました。また丈が命を脅かす脳の病気で死ぬかもしれないことから自分から身を引くため丈もうそをつき、また手術が成功しても後遺症が残ったことや、鐘子に新しい恋人ができたことで、またも丈は身を引くため記憶喪失になったふりをする。そこが泣けた。好きな人のために自分が身を引くという話の展開に私は弱いので、結構好きなドラマでした。丈が鐘子にプレセントした銀河鉄道の夜の指輪がとっても素敵で、花巻まで探しに行ってみようかなあと思ってしまうほどでした。


「ルパンの娘」~瀬戸康史くん観たさに観始めたけど、キャストのキャラが皆濃くて笑え思わずはまってしまいました。瀬戸くんの凛々しくも可愛い姿と、相変わらずの深キョンの可愛らしさに癒されたし。毎回突然ミュージカルシーンがあり、歌って踊っても楽しかった。日産のCMまでお母さん(小沢真珠)が出演してる凝りようで、他に例がない斬新さ。瀬戸くんとゆきのちゃんが朝ドラ「まんぷく」で夫婦役だったけどここでもカップルとなり、俳句に「まんぷく」という言葉を入れてしまうのに思わずニンマリ。遊び心あるなあ~と思いました。花婿の瀬戸くんが結婚式場から深キョンたちにさらわれ、さて来週最終回ですがどうなるのでしょう。警察官と泥棒の許されぬ恋は、深キョンのおばあちゃんと瀬戸くんのおじいちゃんも同じだったことも明かされ、さて深キョンたちはいかに!?結構楽しいドラマで毎週楽しみでしたが、来週で終わりとは悲しい…。



「凪のお暇」~「半分、青い」に出てた、まあくん役の中村倫也くんがここでもゆるいキャラで、黒木華ちゃんと共に癒されました。高橋一生さんの役がかなりイライラでイヤでしたが。武田真治さんのママ役も似合ってて、全体的にゆる~い感じがほっとさせられるドラマでした。誰かがかなり前のドラマ「すいか」に雰囲気が似ていると書いていて(市川美日子さんが「すいか」にも出てる)観たことあったかなあと調べたらたぶん観てるドラマでした。映画の「かもめ食堂」とか「めがね」にも通じるドラマでした。


「なつぞら」~結構泣かされることが多く、涙腺は緩みっぱなし。とっても良くできているドラマで、言うことなしです。残りももうわずかで残念だなあ~。しかも今月に入り「大草原の小さな家」の話まで出てきて懐かしくなり、それをきっかけに最近「大草原の小さな家」のことをいろいろ調べていました。


「大草原の小さな家」といえばテレビドラマ。小学生、中学生、高校生、大学に入っても観ていてその間も何度も何度も再放送されていて大好きなドラマでした。中南米に旅行したときに中南米でも放送していたことも思い出しました。私がテレビドラマを観ていた当時、ビデオに全部録画もしましたが、9年前の引越しの際DVDが出ているからビデオはもう古いなと思って捨ててしまったのです。観直しする時はDVDでも借りればいいかと。また原作も原語の英語バージョンのものを高校の時アルバイトして、1巻から9巻までを買い、当時途中まで読みそのまま放置していました。引越しで捨ててはいないつもりなのですが、家の中に見当たらず。読み返したいと思いたち、ただいま探し中です。引越しで捨てていなければいいなあと思っていますが…。


そして、知らない間にこんな素敵な本が出ておりこちらを先に読みました。


小さな家のローラ

小さな家のローラ

  • 作者: ローラ・インガルス・ワイルダー
  • 出版社/メーカー: 朝日出版社
  • 発売日: 2017/03/09
  • メディア: 単行本

安野光雅さんの絵がふんだんに使われていてそれはそれは素敵なのです。その絵は全部カラ―で贅沢です。また安野光雅さんが翻訳もし、監修してます。いわば安野光雅さんヴァージョンの「大きな家の小さな家」です。子供だけでなく大人もワクワクして読み直しができます。家族愛に満ち、西部開拓時代のたくさんのお楽しみが書かれています。本当は大変な苦労なのかもしれないけれど、全然苦労と思わず生活を喜々として楽しんでいる様子が生きる勇気を与えてくれる。この本をプレゼントされたら誰もが皆喜ぶでしょう。




森のプレゼント

森のプレゼント

  • 作者: ローラ・インガルス・ワイルダー
  • 出版社/メーカー: 朝日出版社
  • 発売日: 2015/11/20
  • メディア: 単行本


「森のプレゼント」は「小さな家のローラ」(大きな家の小さな家)のクリスマスの部分のみ書かれている本で、こちらも安野光雅さんの絵と翻訳のものです。微妙に絵も文章も「小さな家のローラ」と変えています。絵も共通のものも多いですが、この本独自の絵も入ってました。クリスマスの内容なのでクリスマスのプレゼントに良さそうですが、どうせなら「小さな家のローラ」のほうが盛りだくさんで(クリスマスの部分だけでないから)いいです。




大きな森の小さな家 LITTLE HOUSE IN THE BIG WOODS

大きな森の小さな家 LITTLE HOUSE IN THE BIG WOODS

  • 作者: ローラ・インガルス・ワイルダー
  • 出版社/メーカー: 朝日出版社
  • 発売日: 2015/09/12
  • メディア: 単行本


「大きな家の小さな家」の一部を原文と日本語訳、CDをつけての本。こちらも安野光雅さんの絵と翻訳です。この本も絵が素敵なのでプレゼントに最高。



大草原の小さな家―ローラのふるさとを訪ねて (求龍堂グラフィックス)

大草原の小さな家―ローラのふるさとを訪ねて (求龍堂グラフィックス)

  • 作者: ウィリアム・T. アンダーソン
  • 出版社/メーカー: 求龍堂
  • 発売日: 2013/11/01
  • メディア: 大型本

アメリカにあるローラの博物館やら実際に住んでいた家屋、定住地を求めてローラが転々としたいろいろな場所を取材をしていて写真がタップリです。ローラが生きていた頃、実際にファンレターを送った日本人3人の手紙やそのお返しにもらった手紙の紹介、当時の新聞記事なども載せていて興味深かったです。実際にアメリカに行って観光しようとすればローラはあちこちに引越ししたので、行くのにかなりの時間と労力を費やすと思いますが(アメリカ全土なので)読んでいるとすっかりいった気分になれます。



大草原のローラ物語―パイオニア・ガール[解説・注釈つき]

大草原のローラ物語―パイオニア・ガール[解説・注釈つき]

  • 作者: ローラ・インガルス・ワイルダー
  • 出版社/メーカー: 大修館書店
  • 発売日: 2017/12/16
  • メディア: 単行本


ローラ・インガルス・ワイルダーが手書きで書いた最初のもの。それに注釈がいろいろ書いてあり、いろんな事実が浮き彫りにされています。登場人物の詳細や新聞で実際にそういうことがあったのかどうか、また統計やら戸籍、地図など調べてもいます。娘であり作家であったローズなくしてはこの「小さな家」シリーズは発行されていませんでした。ローラが書いて、娘ローズがタイプして改訂したもの、そのまた改訂版、そして子供向けと大人向けと書いてあることがまちまちで、それに合わせて話を入れたり削ったり。またローラの話を膨らませて娘ローズは自分の小説にしました。時系列がまちまちで、ローラが記憶違いなこともたくさんあり、実際ローラ自身が体験しなくとも体験したように書いた部分もあり、「小さな家シリーズ」がノンフィクションとフィクションが混ざった作品であることもわかりました。娘のローズや妹のグレイスが日記をつけていたので、のちのローラのことも詳細にわかる部分もあり、ローラの研究家によってこの本は作られましたが、かなりのマニア向けの本でもあります。分厚い本でしたが、興味深く読み終えました。



興味があったので、今回テレビドラマ「大草原の小さな家」の色んなゴシップもネットを通じて見てました。4,5年前にNBCの番組で出演者たちが一同に会するインタビュー番組があり、当たり前ですが皆老けてて、時の流れは容赦ないなあと思いました。(観たい人はYouTubeで簡単に観られます)

その番組にはローラ、お母さん、メアリー、キャリー、アルマンゾ、ネリ―、アルバートのそれぞれの役の人たちが出ていて、それとお父さん役のマイケル・ランドンの代わりに実の息子も出ていました。


ローラ役のメリッサ・ギルバート、メアリー役のメリッサ・スー・アンダーソン、ネリ―役のアリソン・アーングリンがそれぞれに「大草原の小さな家」に出演当時の暴露本なども何年か前に次々に発表していました。特に衝撃的だったのはローラ役のメリッサは実生活では養女として育てられるもその養父母が離婚。また養父が亡くなり自分の居場所もなくなって、撮影現場しか居場所がなかったようなのです。父親役のマイケル・ランドンを実の父のように慕っていたため、そのマイケル・ランドンが54歳の若さで亡くなったとき、大変な落ち込みようで観ていられなかったとネリ―役のアリソンが書いています。またメリッサは酒、ドラッグに溺れ、ロブ・ロウなど色んな男性と付き合い、結婚しては離婚を繰り返し、その度に子供が流産、また子供が生まれ、今では三度目の結婚をしてるようです。劇中仲の悪いことになっているネリ―役のアリソンとは大の仲良し、その代りメアリー役のメリッサ・ス―とは仲がとても悪かったというのも驚きでした。またやはり何年か前にメリッサは舞台の「大草原の小さな家」で母親役を務めたらしく、その舞台を観に行った人が感想を書いているブログも発見しました。

マイケル・ランドンが亡くなったとき、ニュースになり私自身も覚えているのですが、それが54歳の若さだったとは、今改めてその年齢を確認して驚きです。そんなに若かったのだと。また最後に大草原の小さな家のセットをすべて燃やしてしまった理由が、「今後誰にも使ってほしくなかったから」というものと「もともとセットは更地にして返す約束だったので、ちょうど物語の中で燃やすことが都合が良かったから」というのが書かれてあり、確か当時我が家で取っていた新聞にマイケル・ランドンへのインタビューがかなりのページを割いてしかも連載されていて、「大草原の小さな家を完結するため」みたいな理由だったように記憶していて、「誰にも使ってほしくない」というのに近かったのではなかったかなと思いました。その当時の新聞があれば読み返してみたいものです(確かその当時は読売新聞を取っていた気がする)


ネルソン夫人役の女優さんは去年亡くなったようです。またネリ―がドラマの中で結婚したパーシバル役の俳優さんは今でいうLGBTでエイズにかかり若くして亡くなり、実生活でもこの二人は仲が良かったようでした。


「大草原の小さな家」は今思うと、私にとっては幸せの象徴みたいなもので、私自身もあのドラマを観ているときは父がいて母がいて、弟がいて、幸せな家族の記憶があり、ドラマも素晴らしくて良かったけれど、自分自身も幸せの中にどっぷりと浸かっていたのだなあと思い出します。これを機会に、ドラマももう一度観直してみようかなあと思いました。


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:

きみと100回目の恋 [タイムスリップ映画]

「君と100回目の恋」を観ました。


映画「君と100回目の恋」 [Blu-ray]

映画「君と100回目の恋」 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: SMR(SME)(D)
  • メディア: Blu-ray
2006年の映画。陸(坂口健太郎)が幼なじみの彼女あおい(miwa)を事故に遭う運命から救うために何度も何度も過去に戻ってやり直す物語。


ストーリーは私の好きなタイムスリップもの。過去に戻ってやり直すというもの。

何度も何度も陸は彼女を救うために過去に戻り、それはあおいの気づかない中で戻っているときもあり、最後にあおいが「もう戻りたくない、このままでいい」といった様なことを言うのですが、そこが結構ジーンとくる場面でした。救いたい一心の陸は、常に彼女を救うために必死になって調べものをし、不機嫌な感じです。彼女との大切な時間もないがしろにしています。でも何度か戻っては過去をやり直すうちに、その時その時を大切にするように変わっていきます。


結局運命は変えられず、あおいは戻らぬ人となりますが、その時その時を一生懸命生きることがどれほど素晴らしいことなのか、何度もやり直すのはちょっと、いや、かなりむなしいと教えてくれます。

過去に戻る能力があったとしても(この映画ではレコードに針を落とすと過去に戻る)何度も何度も戻ってはその価値がないんだな、と強く思いました。それでも一回くらい戻れたら戻ってみたいですけど。


坂口健太郎は自然体でよかったですが、相手役のmiwaの演技力には疑問符がつきました。甲高い声も耳につき、他の女優さんだったらもっと良かったのになあと思ってしまいました。またmiwaのプロモーションビデオの長いバージョンとも言えなくもない感じの映画で、miwaのファンの人ならもっと楽しめたかもしれません。ストーリーは良かったのに残念でした。

nice!(13)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

メキシコ大使館公邸でのコンサート [観劇・踊り・イベント・ライブ]

永田町にあるメキシコ大使館公邸でのコンサートに行ってきました。


外観は白と赤で結構スタイリッシュでした。また中は天井が高くて中庭にプールもあり、高い位置の壁はガラスが入っていて外の緑が見え、とっても開放感のありいかにもラテン、メキシコっぽい感じが素敵でした。土曜の午後にこんな素敵な場所でのコンサートは「逆境の時の友こそ真の友」~福島とメキシコからのコンサートと銘打って開かれました。


最後は福島のお酒とチョコレートケーキが振る舞われるおまけもついていました。しかもチョコレートケーキは大使自らがサーブしてくださり、とっても感激しました。その上大使が女性とは驚きでした。


コンサートは福島県の第二中学校吹奏楽部と川俣高等学校合唱部の生徒さんたちによる演奏や歌。またホセ・アダン・ぺレスさんというメキシコのオペラ歌手(バリトン)の歌。ピアノの演奏は結城奈央さん、森川美千代さんによるもの。


演目は文部省歌(久々に聞くと心に響きます。やはり日本人には文部省歌は本当にいいです)、合唱曲(心の瞳、落葉松、群青など=昔とは違って聞いたことのない曲でしたが心の琴線に触れなんだか涙が出そうでした)、スペイン語圏のスタンダードナンバー(”Te quiero dijiste"愛しているといったのに、"Granada"グラナダ)など。


まず、やはり何といっても生のオペラ歌手の声が素晴らしく、それだけでも聞きに行った甲斐がありました。やはりプロは違います。彼の歌声をYoutbeで見つけたので久々に貼り付けます↓。





また楽曲にあった「心の瞳」をあとから調べてみたら、もともとは坂本九が歌っていた歌で、1985年8月12日に日航機墜落事故のあったその日に坂本九がラジオ番組で歌った最後の曲でもあり、それを聞いていた千葉県市川市の中学教師がこの曲を合唱曲に仕上げ、今では学校で歌われる曲になったとのことです。何だかそのエピソードだけでも泣けてきます。素晴らしい曲なのでこちらもYoutubeから↓。




他にも群青という合唱曲が、福島第一原子力発電所から半径20km圏内に位置する福島県南相馬市小高(おだか)区の生徒たちが、原発事故で離れ離れになってしまった仲間を想いつぶやいた言葉を、その学校の教師がまとめ合唱曲に仕上げた曲と知りました。

卒業の時に歌われる曲も昔と今では違うということに気づいたのももう10年以上前ですが、合唱曲も違っていたのにもうビックリでした。当然といえば当然なのですが…。


とっても心の洗われるような素敵なコンサートでした。今もなお、メキシコ大使館が福島の人々を応援しているというのもすごく心打たれることでした。


nice!(12)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

ヒンディー・ミディアム [インド映画]

インド大使館でインド映画「ヒンディー・ミディアム」を観てきました。


5月から立て続けに3本、インド映画を観ましたがすごい時代になったもんだと(こんなにインド映画が公開されるなんて!!)夢のようです。


ポスター画像 



映画公式サイト:http://hindi-medium.jp/



今回は、映画の後にインド大使館にメチャクチャ近いインドレストラン・ムンバイが出張で来て、サモサとマンゴラッシーを振る舞うおまけもついていました。クミンの味が効いたサモサが懐かしく、マンゴラッシーも激ウマでした。でもサモサは現地インドでいつも食べていたサモサよりもとっても上品で油もいいものを使ってる感じで、ギトギト、パリパリ感が全然なく、何だか高級な感じに思えてしましました。


さて「ヒンディー・ミディアム」ですが、このタイトルの意味することはヒンディ語で授業を行う公立校のこと。映画では、英語で授業をする「イングリッシュ・ミディアム」という私立校に自分の子供を入れさせたい親の悪戦苦闘ぶりが描かれています。英語を話すことは将来の出世に関わると、子供を英語を使う私立校に入学させたいのです。


デリーの下町で洋品店を営むラージ(イルファーン・カーン)とその妻ミータ(サバ―・カマル)は愛する我が子のために高級住宅街に引っ越しをし、親子でお受験の用意をし受験するのですが、ことごとく落ちてしまいます。どうしたものかと思っているときに低所得層のための優先枠があると知ります。そして住所、年収を偽ってその枠を利用することにするのです。ところがその枠に富裕層までが偽って入学しているとの噂が大きくなり学校側がその枠で応募した家庭訪問をすると発表。慌てた親子はスラム街へと引っ越し、家庭訪問も何とかクリア。そして念願の私立校に我が子を入学させることができ、また高級住宅街へ舞い戻るのです。


しかしスラム街で仲の良くなった本当に貧しい親子もまた同じように受験しながら最後の抽選で落ちてしまい、ラージとミータは低所得層の枠を奪った呵責から公立校の寄付をし始めます。そこにスラム街で仲の良かった親が現れ、ラージたちが本当は金持ちでそのために自分の子供の将来を奪われたと知ってしまうのです。そして…。


最後は人として立派な行動に出たラージ。インド映画はこうでなくちゃね。正しいことは正しくすべき。最後、気分はすっきりしました。


映画の中で、真ん丸の黄色いお菓子が出てきた時には懐かしく(激甘。ねっとりして蜜につけてある感じ。たぶんインドの伝統菓子で、私も食べたよなあと思い出しました。他のお菓子もいろいろ食べたけどどれも激甘)、スラム街でミーナがサンダルで牛のふんを踏んで叫んでいましたが、それもメチャクチャ懐かしく(私もよくサンダルで歩いていて聖なる牛のふんを踏んでました。お店にかかってる美しいサリーなんかに見とれながら歩いていると、全然下に目が行かず。でもふんを踏むのが日常茶飯だったので、ふんを踏んじゃっても運がついたと思ってラッキーと笑って旅行してました)、また「カリーナみたいにスタイルが良くて…」みたいなセリフはカリーナ・カプールのことだなあと思い出しました。今もカリーナ・カプールは活躍しているのでしょうか?そしてリンガ(男性根)にお祈りしたり、リキシャーだったり、サリーの華やかさだったり、ハヌマンを猿神と訳して字幕に載っていたり…。いろんなことがインドを思い出させてくれて楽しい時間でした。またいつかインドに行きたいです。


nice!(10)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

きみに微笑む雨 [韓国映画]

「きみに微笑む雨」を観ました。



きみに微笑む雨 [DVD]

きみに微笑む雨 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフト
  • メディア: DVD

2009年の映画。韓国人のドンハは出張で中国成都を訪れる。成都の観光地、杜甫草堂で働いている留学時代の中国人の友人メイと再会。二人は当時の淡い気持ちを持ちながらも再会を楽しむが、メイは心に大きな傷を抱えていた…。


ドンハ役の美男子はチョン・ウソン。「サッド・ストーリー」や「私の頭の中の消しゴム」にも出演していて観ているはずなのですが、「サッド・ストーリー」ではひょうきんな三枚目の役回りのチャン・テヒョンに夢中だったし、「私の頭の中の消しゴム」では女優のソン・イェジン目当てで観た映画だったので、全く眼中にありませんでした。でもチョン・ウソンが中々いい味出していて、この映画にぴったりでした。

またメイ役はカオ・ユアンユアンという中国人の女優さんで初めて見ましたが、線が細すぎでした。モデルさんなので仕方ないのかもしれません。

韓国人と中国人の二人が英語をやり取りしながら会話をして、舞台は中国の成都という今までには全くない設定が新しい感じで良かったです。映画もしっとりしていて落ち着いていて、いつもの韓国映画でないみたい。四川大地震を絡ませたストーリーでした。


四川省辺りは実際地震が多く、私自身も四川を含めて中国の旅行を3か月+1か月くらいしたので中国で地震がある度に気になってきました。特に四川省に近い雲南省がチベット自治区に並んで好きだし、麗江(リージャン)の街並みが地震によって大きく破壊された時にはとってもショックでした。旧市街とか今はもう復興したのでしょうか?映画で成都が出てきて、成都では三国志の舞台だったのでその作り物みたいなもの(劉備や諸葛孔明などの人形)がたくさんあってそれらが見世物になっていて、日本に戻ったら三国志を勉強しないとなあと思って当時帰ってきたのに未だに何もしていず、また小吃(シャオチ―)=ちょっとした食べ物の食べ歩きを留学生の女の子と朝から晩まで一緒にした思い出があり、そのことを思い出したりしていました。一個5円くらい?のものを一個買って、二人でシェアしちょっと食べてはまた違うものを買って食べるということを朝から晩まで繰り返してました。おいしかったし、面白かったなあ。


話は脱線しましたが、映画は様々な記憶を引き出し懐かしさをも運んでくれるからいいです。



nice!(10)  コメント(1) 
共通テーマ:映画
前の5件 | -