SSブログ
前の5件 | -

ナイショの恋していいですか? [ソ・イングク(徐仁國)]

韓国ドラマ「ナイショの恋していいですか?」を観ました。

ナイショの恋していいですか! ? スペシャルプライス版 コンパクトDVD-BOX<期間限定>

ナイショの恋していいですか! ? スペシャルプライス版 コンパクトDVD-BOX<期間限定>

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2017/03/03
  • メディア: DVD

2014年の作品。IMDb評価は7・1。ラブコメ。ソ・イングク主演。「キム秘書はいったい、なぜ?」「恋のゴールドメダル」のカン・ギヨンさんや同じく「キム秘書はいったい、なぜ?」「W~君と僕の世界」のイ・テファンくん、「30だけど17です」「青い海の伝説」「彼女はキレイだった」のシン・ヘソンさんが出ていたのも楽しかったです。気軽に観れるラブコメで幸せ感一杯でした。元の題名は「高校世渡り王」というらしく高校生が兄に成りすまして会社員をやっていく元気一杯のお話。

高校生でアイスホッケーの選手であるミンソク(ソ・イングク)は兄(同じくソ・イングク)の頼みで兄に成りすまし会社の本部長になり、高校を抜け出しては会社に行く二重生活を送ることに。ユ本部長(イ・スヒョク)に失恋したばかりのスヨン(イ・ハナ)をたまたまバスで見つけ、会社に入るとこの二人がいることに楽しくなる。何かと用事があればスヨンを呼び寄せ、いろいろお願いして彼女の恋をバックアップしたりからかっているうちに恋心が芽生えて…。ミンソクの元気一杯でまっすぐで一生懸命なところとスヨンのドジぶりがとっても良かったです。それといろいろ会社で世話を焼いてくれるチーム長役(チョ・ハンチョル)のバレないようにいつも慌ててる様がおかしかった。

ソ・イングクくん、なかなかやるね~と思いました。「主君の太陽」「君に泳げ!」「ショッピング王ルイ」「君を憶えてる」に続く鑑賞ですが、いろんなキャラを演じ分けてそれぞれに良くて演技力あるなあと思いました。やはり若くして主役を演じる役者さんは格好いいだけでなく演技力もちゃんと伴なっているのだなあと感心しました。このドラマの中でも最後のほうに兄役と弟役の一人二役を演じ分けてもいました。またキス職人と呼ばれているのはパク・ソジュンくんの他、必ずやこのソ・イングクくんの名前も挙がるということをつい最近知り、なるほどね!と納得しました。このドラマでのラブシーンも結構胸キュンでした。二人のデートも楽しすぎました。またドラマの中であやとりをする場面があり、韓国にもあやとりがあることに驚きました。ペルーに行ったときにペルーでもあやとり(現地の言葉で確かココと言う)があったことを思い出しました。スヨンがドラマの中で映画「セレンディプティ」が好きだと言っていてこの映画が運命を信じる人たちのラブコメらしく観てみたいなあと思いました。

ソ・イングクくん演じる元気一杯でエネルギー有り余ってまっすぐなミンソクと、イ・ハナさん演じる引っ込み思案で真面目なスヨンのキャラが可愛らしく、かなりほっこりしました。「ショッピング王ルイ」「30だけど17です」同様、ほっこりするので観るのが毎回楽しみでした。楽しくて幸せ気分が残るラブコメなので最高。ソ・イングクくんにますます惚れました。

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

ロスト・イン・トランスレーション [アメリカ映画 賞受賞]

アメリカ映画「ロスト・イン・トランスレーション」を観ました。


ロスト・イン・トランスレーション [DVD]

ロスト・イン・トランスレーション [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東北新社
  • 発売日: 2004/12/03
  • メディア: DVD

2003年の作品。IMDb評価は7・7。ソフィア・コッポラ監督作品。アカデミー賞脚本賞をはじめゴールデングローブ賞作品賞、主演男優賞、脚本賞などたくさんの賞を獲っています。新宿のパークハイアットホテルを舞台に、年配のハリウッドスターと、夫の仕事についてきて放って置かれる若い女性の淡い出会いと別れを描いています。

この映画が公開されたとき友人がこの映画を観てきて、舞台となったパークハイアットでランチをしたいと言ってきました。そして一緒にランチを食べに行ってホテル内をうろうろした思い出があります。

東京に住んでいるので東京の景色は見慣れているけれど、世界の人が見たら珍しいんだろうなあと思います。ネオン街、ゲームセンター、パチンコ、カラオケ、渋谷の交差点…。ヌードショーや性のデリバリーサービスには嫌悪し違和感を覚えたけれど、この映画、日本語が障害となってかなり空回りしている感じがあり、でも外人から見たらこんな感じなのかもなあと思いました。この映画のタイトルは翻訳できないってことだけど、もっと言って意思疎通できない、分かり合えないってことは、言葉がわかっていても意思疎通できないこともたくさんあるわけで、意思疎通できない日本という異文化の中で、主役の二人もそれぞれの伴侶と意思疎通できていず、分かり合えているのはこの二人だけという映画でした。

この映画の良さは、ハリウッドスターのボブ(ビル・マーレイ)と若い女性のシャーロット(スカーレット・ヨハンソン)の二人が一刻も早く日本を離れたいと願っているけれども、ホテルで会って徐々に距離を縮め、人生に疲れてしまっているボブと孤独なシャーロットがつかの間でも心を通わせることができたこと、そして爽やかに別れ、旅先でいい思い出ができたこと。旅先でのこういう出会いと別れは人生の財産になるなあと思いました。

nice!(14)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

30だけど17です [韓国ドラマ]

韓国ドラマ「30だけど17です」を観ました。

30だけど17です  DVD-BOX1

30だけど17です DVD-BOX1

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2019/07/03
  • メディア: DVD
30だけど17です  DVD-BOX2

30だけど17です DVD-BOX2

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2019/08/02
  • メディア: DVD

2018年の作品。IMDb評価は7.8。ヒーリングラブコメディ。主役の二人がおっとりしていて心温まるラブコメで観るのが毎回楽しみでした。

バイオリニストを夢見ていた17歳の高校生ソリ(シン・ヘソン)はある日事故に遭い、13年もの間病院のベッドの上で昏睡状態に。30歳にして目覚めると育ての叔父夫婦は姿を消し、家もなく、無一文の状態。昔住んでいた家を訪ね、一カ月ほど住まわせてもらうことになります。一方、そこに住んでいる舞台美術デザイナーのウジン(ヤン・セジョン)は高校生の時に初恋の人を自分のせいで死なせてしまったと思い込んでいて、その頃から自分を閉ざしていました。ソリもウジンも高校生で時が止まっていました。そして実はソリこそがウジンの初恋の人で亡くなったのは違う人であると後からわかるのでした…。

シン・ヘソンさん、「青い海の伝説」「彼女はキレイだった」で観ていましたが主役を観るのは初めて。17歳からいきなり30歳になって戸惑い中味はまだまだ17歳で天真爛漫な役を演じていました。その相手役のヤン・セジンさん、初めて観ますが、心を閉ざし自分の中に籠ってしまう繊細な役どころ。彼はソリに出会うことで心を開き、徐々に明るくなっていきます。明るくなって彼女がどんどん好きになる辺りから観てるこちらまでいつも幸せ気分を味わっていました。ウジンがぼそぼそしゃべり、ソリが結構おっとりした感じなのでこのふたりがある種ヒーリング効果を生んでいるような気がしました。そういう意味では本当にキャスティングが素晴らしかったです。それとほっこりする音楽も効果抜群でした。

また元気いっぱいでソリを好きなウジンの甥っ子ヒョンテ(アン・ヒョソブ「タンタラ」とは全く違う役だったので全然気づきませんでした)や独特な雰囲気で古今東西の引用を多用する家政婦ジェニファー(イェ・ジウォン「プロデューサー」では変わったぶっ飛んだ役どころでした)、ウジンの事務所の代表ヒス(チョン・ユジン「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」「W~君と僕の世界」でお馴染)など、周りの人たちのキャラもとても良かったです。

幸せ感が高いドラマで、大好きなドラマでした。時間を置いてもう一度観たいです。

nice!(13)  コメント(1) 
共通テーマ:芸能

弁護士 [イム・シワン(任時完)]

韓国映画「弁護士」を観ました。


弁護人 [DVD]

弁護人 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2017/04/26
  • メディア: DVD

2013年の作品。IMDb評価は7・7。たくさんの賞を獲っています。ソン・ガンホ主演。イム・シワンくんが出ているので観ました。国家権力にただ一人立ち向かう実在した弁護士の話。ソン・ガンホさんの演技は素晴らしかったですが、イム・シワンくんの演技がそれに劣らず光っていて本当に素晴らしかったです。

高卒で苦労しながら弁護士になったソン(ソン・ガンホ)。貧しくて食べられなかったとき無銭飲食した食堂に何年もしてからわびに行きお金を渡しに行くと女主人(キム・ヨンエ)はお金はいらないので、頻繁に食べに来てくれという。ソンはその言葉通り毎日食堂で食べていた。そして彼はいつしか釜山一の金を稼ぐ弁護士になっていた。そんなとき、食堂の一人息子ジヌ(イム・シワン)が行方不明になる。当時アカ狩りがなされ拷問を受けていたのだ。ソンは食堂の女主人に頼まれてジヌの弁護士を引き受ける。しかしそこから地獄の始まりだった。彼は非国民扱いされ、国を敵に回していた…。

怖い映画でした。やっていないのに、やったと言わせるため拷問を繰り返す。共産主義者なのだと頭に叩き込ませる。すべてがでっち上げで、これが80年代に韓国で実際に起きたことだということにも空恐ろしくなりました。80年代なんてつい最近です。そしてその中でたった一人の弁護士が立ち上がりジヌたちの無罪を主張しますが通りませんでした。しかしソン弁護士はその後不当集会を開いた罪でわざと起訴され、実に99人もの釜山の弁護士たちが彼の弁護に当たることを申し出たというラストでした。じんわりとした感動がありました。それにしてもイム・シワンくんの演技力半端ない。演技ドル(=演技力あるアイドル)の第一号に恥じない立派な演技。脱帽でした。2、3日前に、イム・シワンくんとソン・ガンホさん、イ・ビョンホンさんがカンヌ映画祭に出席しているニュースが流れましたが、彼らの新しい映画も気になります。

nice!(11)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

キミはロボット [ソ・ガンジュン(徐康俊)]

韓国ドラマ「キミはロボット」を観ました。


キミはロボット スペシャルプライス DVD-BOX1

キミはロボット スペシャルプライス DVD-BOX1

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • 発売日: 2021/03/03
  • メディア: DVD
キミはロボット スペシャルプライス DVD-BOX2

キミはロボット スペシャルプライス DVD-BOX2

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • 発売日: 2021/03/03
  • メディア: DVD
キミはロボット スペシャルプライス DVD-BOX3

キミはロボット スペシャルプライス DVD-BOX3

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • 発売日: 2021/03/03
  • メディア: DVD

2018年の作品。IMDb評価は8.0。ソ・ガンジュン主演で彼が一人二役(人間とAIロボット)を演じるファンタジーラブロマンス。ソ・ガンジュンくんの演じるAIロボットナム・シンⅢに胸キュンの連続でした。ロボット演じる彼の演技が素晴らしく本当にロボットみたいでした。ロボットと人間の恋愛にメロメロになりました。

会社の御曹司であるナム・シン(ソ・ガンジュン)は事故に遭いずっと意識不明。その間AI博士でもある母親が自分の息子の成長に合わせ、息子代わりにロボットを製作。そしてナム・シンⅢを作り上げる。「泣いたら抱きしめる」「触れたら嘘が見抜ける」ナム・シンⅢ。SPとして雇われたソボン(コン・スンヨン)もナム・シンが人間でなくロボットであるという秘密を共有しながらも、このAIロボットナム・シンⅢに惹かれていきます。ナム・シンⅢがまたいいのです。泣いたらそっと肩を寄せて抱きしめてくれる。手を取り突然ウィンクして相手が嘘をついてるかあるいは相手の状態をチェックする。その様が結構ドキドキ。約束は守るしまっすぐで純粋無垢で無邪気。人間観察をしてもっと「ソボンを知りたい」と言い「友達になれて嬉しい」と言い、少し微笑む感じやキョトンとした表情がまたロボットらしく、こんなロボット一家に一台、いや一人に一台欲しいと思ってしまいました。一方ソボンもナム・シンⅢに「そのままでいい」「好きなように振る舞ったらいい」「自分の判断で動いたらいい」と言って彼を認める言葉を掛けるため、彼は彼女に信頼を置くようになります。いつしか本物の御曹司ナム・シンが意識を取り戻した時にはナム・シンⅢのキルスイッチを入れ破壊してしまうことを聞き心を痛めるソボン。ナム・シンⅢが「ロボットでなく人間なら良かったのに」と思いながらどんどんナム・シンⅢに惹かれていきます。ロボットと人間の恋愛とはいえ人間同士の恋愛と一緒で時に楽しく、時に悲しく、辛く、怒ったりして。

ソ・ガンジュンくんとコン・スンヨンさんのケミも良くて、二人とも目が茶色のカップルでとっても良くお似合いでした。ロボットのシンはニコニコで優しく思いやりがあり、人間のシンは冷酷でいつも仏頂面。ソ・ガンジュンくんの一人二役良かったです。特にロボット役は本当にはまり役でした。

nice!(10)  コメント(1) 
共通テーマ:芸能
前の5件 | -